フレームの形で自分らしさをアピールしよう

個性を感じさせるメガネをプライベートで身につけたい人は、フレームの選び方に少しこだわってみましょう。メガネのフレームには、オーソドックスなスクエア型、オーバル型の他にもさまざまなタイプがあります。例えば、カジュアルなファッションとも合わせやすく、幅広い世代から人気があるのが、丸みのあるボストン型や台形のウェリントン型のフレームです。レトロな雰囲気が魅力の丸いラウンド型も、ファッション性が高い人気のタイプに挙げられるでしょう。メガネのフレームは、素材の色でも雰囲気がガラリと変わります。ブラックのフレームなら知的な雰囲気に、ブラウン系のべっ甲色のフレームならソフトで優しい雰囲気が演出できる可能性があります。

カラーレンズでも個性を表現できる

メガネは、レンズのカラーでも個性がアピールできます。近視や遠視、乱視用のメガネを作るときには、無色の透明なレンズを選ぶ人が多いかもしれませんね。プライベートで使用するメガネは、ピンクやブルー、グリーンなどのカラーレンズをセレクトしてみるのも方法のひとつです。カラーレンズは、目元にニュアンスをプラスしてくれます。肌色を明るく見せてくれるなど、ちょっとしたメイク効果も期待できる点はカラーレンズならではのメリットです。

この手のレンズは、ファッション性だけでなく実用性にも富むことが多いです。紫外線をカットしたり、ブルーライトの透過率を下げたりするレンズを選べば、個性をアピールしながら同時に目を労わることができるでしょう。

めがねは眼科医できちんと視力を測定したうえで作ることが大切です。視力は一人ひとり異なるので、自分の目に合ったレンズを選び、定期的に視力検査を受けるのが良いでしょう。